食品包装のあれこれ
11月 8, 2019

アクテイブバリア包装

アクテイブバリア包装に適用されている酸素吸収剤(スカベンジャー)は、無機系のものと有機系のものに大別できます。無機系のものは、還元鉄と亜硫酸ナトリウムが実用化されており、有機系では、アスコルビン酸類、ポリアミド/遷移金属 […]

もっと読む
10月 15, 2019

HACCP

HACCPの源流は缶詰食品に関する衛生上の規定であり、そこから発展して強制力のある規制が出来上がりました。日本の食品衛生を支えているのはHACCPばかりではありませんが、乳製品、肉類、レトルト、飲料水にまで細かく規制が及 […]

もっと読む
8月 8, 2019

包装で殺菌する方法

食品には冷凍チルドとして約1℃に設定している場合もあるそうです。 低温で保管・流通するときの包装というのは、冷凍食品、半凍結食品を含めて、低温によるピンホールの発生を避けなければならないそうです。 耐寒性の優れた柔らかい […]

もっと読む
7月 22, 2019

食品の変質を防ぐ方法

光の透過を防ぐものとして、紙類があるそうです。厚紙ほど光の透過を防ぐとされています。 色ガラスも透過を防ぐそうです。茶色は透過しにくく、グリーンはやや透過、透明ビンは透過すると言われています。 完全に遮光するものとして、 […]

もっと読む
7月 8, 2019

食品の変質を防止するには

酸素による変質を防止する方法として、脱酸素剤封入包装、不活性ガス発生剤封入包装というものがあり、適切封入量ならば袋内酸素を完全に吸収することができるとされています。 食品内部に含有する酸素まで吸収するということで、酸素除 […]

もっと読む
6月 20, 2019

紙器について

紙器用板紙は、マニラボールと白ボールがあるそうです。 貼箱用にチップボールや色ボールを使い分けしているそうです。 古紙の利用率は約63.9%で、1層抄きの紙への利用率は難しいらいですが、多層抄きの板紙は古紙利用率は90% […]

もっと読む
6月 6, 2019

機能性紙について

紙にさまざまなコーティングをして機能性をつけることができるそうです。 放水性も付けることができますし、吸水性を高めることもできると聞いています。 水に強い紙にするには、ワックス含浸やパルプに樹脂を入れた紙にしたりするのが […]

もっと読む
5月 24, 2019

段ボールのすきま➁

緩衝材には、様々なタイプのものが製造・販売されています。皆さんが、プチプチと呼ぶ緩衝材は、「気泡緩衝材」と言います。この緩衝材の片面には、空気の入った気泡の粒粒がたくさん付いています。この空気のプチプチが、大事なものを守 […]

もっと読む
5月 9, 2019

段ボールのすきま➀

荷造りをしていて、思ったより内容物が少なかった時に、緩衝材が大活躍してくれます。そんな緩衝材をタイプ別に、使い方などの検証をしてみたいと思います。あくまでも個人の感想ですので、独り語として読み進めて頂ければと思います。緩 […]

もっと読む