食品包装のあれこれ
4月 4, 2019

緩衝材

緩衝材がみつからない!どうしよう!すぐに荷造りをして、午前中には、配送センターに持ち込みたいのに!などという時には、どこのご家庭にもあって、コストのかからない不用品が代用できるのだという事を覚えておいて下さい。新聞紙、コンビニのビニール、紙袋、カレンダー、ポスターなどなど、タオルなどを緩衝材として使用するという方もいますが、使用したものを小包の中に詰め込むのは、あまり良いアイディアではないのかと思います。よっぽど、気の知れた仲である相手であれアリなのかもしれませんが、私自身には、なかなか使用済のタオルを、小包の中に詰め込む勇気は生まれません。ケースバイケースでは、ありますが、最寄の配送センターに直接、連絡をして、梱包材や緩衝材の相談を受け付けてくれるような事業所もあるようですので、相談をもちかけるのもの良い考えだと思います。最近は、梱包材、緩衝材の役割として、新聞のまとめ売りを行っているような、通販サイトもあるようです。なんとも、驚きの時代となりました。世の中とともに、緩衝材の在り方も変わってくるものなのでしょうか?最近は、自宅でも製造可能な、空気緩衝材の製造機器などの販売もされているようです。様々な形態の緩衝材もありますが、皆さんもオリジナルな緩衝材を自作してみて下さい。思わぬ、自宅の不用品が、輝かしいキラッとセンスの光る緩衝材に生まれ変わる可能性も大いにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です