食品包装のあれこれ
4月 26, 2019

包装紙は緩衝材になる

緩衝材がみつからない時の、どこのご家庭にもあって、コストのかからないものとしてのおススメアイテムは、包装紙です。最近は、お中元やお歳暮の習慣も下火になってきているので、なかなか、包装紙がみつからないなぁーという方は、紙袋をハサミで切り込むと包装紙のような、一枚の大き目の紙になる事をご存知ですか?この紙を、クシャクシャに丸める事で、簡易的な緩衝材の出来上がりです。最近は、新聞をご家庭で購読していないという方も増えてきているので、紙袋を切り込んで、使用する方法は、なかなか思いつかないアイディアとして、友人知人に伝えると、皆、膝を打ち付けています。緩衝材や、梱包材の変わりとなるものは、自宅の中で探してみると目からウロコとして、思いがけない代用品がみつかるものです。ここで、気をつけておくべき注意点は、紙袋のお店のステータスです。あまりにも高級店の紙袋を使用してしまうと、段ボールを開けた相手側が、こんなにも高級なものを、日常的に食べているのかしらとか、こんなに贅沢なものを身に着けているとイメージさせてしまい、傲慢な暮らしぶりを送っていると捉えられてしまう可能性がるので、高級店の紙袋を使用する事は避けた方が良い点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です